圓谷 静香

2013年9月 4日 水曜日

レオナール.フジタ

私の大好きな画家の一人、エコール.ド.パリ1920年代に活躍した藤田嗣治展に行ってきました。
この時代の画家は時代背景もありますが、国際色豊かで、波乱万丈。色恋に生き、人間臭く…気になる年代です。衣装も好き。イケメン画家モジリアーニも好き。
藤田嗣治の繊細な線によって描かれる表情はずっと見ていても飽きません。お気に入りのハガキを書い部屋に飾って、気分は1920年代。




投稿者 圓谷 静香 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL